更年期障害のホルモン治療とは!効果・副作用・乳がんのリスクを徹底紹介

更年期障害の症状を改善するための治療に「ホルモン補充治療(HRT)」があります。この記事では、ホルモン補充治療の効果、副作用、気になる乳がんのリスクについて詳しく説明しています。

 

スポンサーリンク

更年期障害のホルモン補充治療(HRT)とは

くみちゃん先生
ホルモン補充治療とは、加齢と共に分泌量が激減する女性ホルモンを補うことで、更年期症状を改善する治療のことです。

そもそも更年期障害とは、加齢とともに卵巣機能が衰え、エストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が急激に減ることで発症します。ホルモン補充治療でエストロゲンを補うことで、エストロゲンの減少がゆるやかになり、更年期症状を予防・軽減することができます。

減っていくエストロゲンをホルモン補充治療で補うのですが、研究によって「エストロゲンだけ投与すると子宮体がんのリスクがあがる」ということが分かったため、基本的にエストロゲンと同時にプロゲステロン(黄体ホルモン)も補充をすることになります。

年齢、症状、閉経した時期や子宮があるかないかによって、エストロゲンとプロゲステロンをどのような周期で、どれくらいの量を投与するかが変わります。あなたがホルモン補充治療を受けたときにどのような投与方法になるかは、お医者さんが検査内容を見たうえで決定します。

また、全ての人がホルモン補充治療を受けられる訳ではありません。病歴や条件によっては治療を受けられない人もいます。これについては「ホルモン補充治療を受けられない人(クリックでジャンプします)」の項目をご覧ください。

 

種類

くみちゃん先生
ホルモン補充治療では、「飲み薬」「貼り薬」「塗り薬」のいずれかでホルモンを補うことになります。

飲み薬は、中性脂肪があがったり胃腸に負担をかけることがあるため、胃腸や肝臓が弱い人は飲むことができません。

貼り薬塗り薬は、皮膚を通って血液中に入り込むため、飲み薬のような副作用はおきにくいとされています。しかし、皮膚のかゆみがかぶれが出ることがあります。

病院やお医者さんによって、積極的に使用しているお薬は違います。「A婦人科に行ったときは飲み薬をすすめられたのに、B婦人科では貼り薬をすすめられた」ということもあります。「どちらが正しい」とか「どちらが間違っている」ということはありません。実際に治療をはじめてみて、自分が効果を実感できたり自分に合っているなと思う方法を選ぶようにしてください。

また、治療をしていて少しでも「おかしいな」と思うことがあれば、お医者さんに相談するようにしてください。人によってはかかりつけの病院で更年期障害の治療を始めたものの、治療方法に疑問がわきセカンドオピニオン(他の病院で意見を求める)をしたという方も多くいらっしゃいます。あなたが「治療を受けたい」と思う病院、医師のもとで治療を受けられますように願っています。

 

効果

くみちゃん先生
エストロゲンが減少することによっておきる更年期症状に対して、高い効果を得ることができます。体の不調だけでなく、心の不調にも効果があります。

・ホットフラッシュ、のぼせ、多汗
・めまい、頭痛
・手足のこわばり、関節痛、肩こり
・不眠などの睡眠障害
・抑うつ、気分の落ち込みなどの精神的な不調
・膣の乾燥による性交痛
・頻尿、膀胱炎、尿漏れ
・高脂血症(こうしけっしょう)の改善
・骨粗しょう症による骨折の予防
・アルツハイマー病発症のリスクを下げる
・ドライアイ
・皮膚の潤い、ハリの回復

 

副作用

くみちゃん先生
ホルモン補充治療では、副作用がおきることもあります。人によってはまったくない人もいれば、治療を中断するほど強い副作用がでる人もいらっしゃいます。

ホルモン補充治療を受けることで、以下のような副作用がおきることもあります。

・乳房の張り
・不正出血
・おりものの増加
・吐き気
・胃の不快感(胃痛やムカムカ感)

特に多い副作用は「乳房の張り」や「不正出血」です。

「更年期のちぶさ・ちくびの痛みの原因と2つの予防法!乳腺症の可能性も?」の記事でもご説明していますが、そもそも「乳房の張り」というのはエストロゲンが活発になることでおきます。ホルモン補充治療を受けるとエストロゲンの量が増えるために、副作用として乳房の張りがおきやすくなるのです。

「周期的投与法」では、不正出血がおきることがあります。これは、プロゲステロンを補充すると、子宮内膜が一気にはがれ落ちるためです。また、「持続併用投与法」では、治療を受けているあいだ数か月にわたって不正出血がでることがあります。ときには月経と同じくらいの出血があり驚く方も多いのですが、基本的に問題のない出血です。

また、人によっては「気分が悪くなって治療を断念した」という方もいらっしゃいます。これは、女性ホルモンを補充するといっても「人工的に作り出したホルモン」ですので、人によって合わないことがあるのは当然のことです。また、体内で分泌する量が減っている(もしくはなくなっている)ホルモンを外から投与するのですから、体がなかなか適応できずに気分が悪くなることもあります。

 

受けられない人

くみちゃん先生
ビ人によっては、ホルモン補充治療を受けることができません。

ホルモン補充治療は、以下のような人は受けることができません。

・乳がん、子宮がんの治療をしている
・血栓症になりやすい、もしくは治療をしている
・脳卒中、心筋梗塞をおこしたことがある
・重度の活動性肝疾患がある
・慢性肝疾患がある
・膵疾患がある

また、以下のような人は、検査・診断内容によっては治療を受けられないか、投与方法が一般的なものから変更になる場合があります。

・子宮筋腫
・子宮内膜症
・高血圧
・肝機能障害
・乳房疾患
・血栓症の既往

特に女性に多い「子宮筋腫」「子宮内膜症」ですが、これらをもっている人はホルモン補充治療は注意すべきだとされています。というのも、エストロゲンに刺激されて子宮筋腫や子宮内膜症が進行・悪化する可能性があるからです。

かと言って「絶対に受けてはならない」という訳ではありません。定期的に検査を受けて子宮筋腫や子宮内膜症が悪化していないかを確認しながら、治療を進めることになります。また、少しでも悪化していたり大きくなっていたら、治療方法を変更することで対応していきます。

また、ホルモン補充治療を受けると、少しですが血栓症をおこすリスクが高まります。ですので、もともと血液が固まりやすい傾向をもっている喫煙者は、ホルモン補充治療に伴い禁煙をする必要があります。(病院によっては喫煙をしたまま治療を受けてもいいと言うところもあります)

人によって「血栓症」はあまり身近ではないかもしれませんが、血栓が脳や肺につまると命を脅かすこともあるとても危険な病気です。健康を維持するためにも、今タバコを吸っている方は禁煙することを強くおすすめいたします。

 

ホルモン補充治療による乳がんのリスク

くみちゃん先生
乳がんのリスクについてはさまざまな見解がありますが、「医師のもとで正しい治療を受ければ、そこまで心配する必要はない」というのが当サイトとしての見解です。

アメリカや日本で行われた実験において、ホルモン補充治療を受けると乳がんのリスクがほんの少しあがることが発表されています。しかし、実験を受けた被験者が特殊であったり、特別な条件においてのことであるため、必ずしも全員が乳がんのリスクがあがるとは言えないのが現状です。

アメリカ試験の報告

アメリカの大規模試験「WHI」では、約5年間ホルモン補充治療を続けると乳がんのリスクが1.26倍あがったと発表しています。

「WHI」の結果は日本でも大きく報道されたため、それを見た方は「ホルモン補充治療は乳がんのリスクがあがるから、受けないほうがいい」と思い込んでいる方もいらっしゃるかと思います。しかし、アメリカでの大規模試験は、被験者がかなり特殊であったため、これから治療を受ける日本人には当てはまらない可能性があります。

この試験での被験者の平均年齢63歳からの投与で、BMI(体格指数)の平均が28.5(やや肥満)でした。また、喫煙率が50%、高血圧者は35%いたということです。

被験者の条件をみて頂くとお分かりだと思いますが、日本でホルモン補充治療を受ける人とかなり条件が異なっています。日本でホルモン補充治療を受ける方は、更年期障害の症状がでやすい40代後半~50代前半の方がほとんどです。また、日本人女性はアメリカ人女性ほど喫煙率は高くありません。

ここまで条件が異なると、「乳がんのリスクが高まる」というのは日本人女性に完全にあてはまるとは言い切れませんよね。

 

日本の報告

日本女性医学学会と日本産婦人科学会が刊行した「ホルモン治療療法ガイドライン」によると、5年以上継続した場合に、乳がんのリスクがわずかに上がる可能性があると発表されています。

日本でも、上記のように発表されています。「5年以上継続した場合に」とありますが、つよい更年期症状が5年以上続く人は少なく、5年以上治療を続ける人は少ないもの。一時的に治療を受けるのであれば、そこまで不安視する必要はいりません。

しかし「どうしても不安になってしまう」という方もいらっしゃるかと思います。その場合は、お医者さんとよく相談したうえで治療を始めるようにしてください。ホルモン補充治療は、更年期症状を改善するための治療です。症状によっては他の治療方法で症状を改善することもできます。よく検討するようにしてください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です