更年期障害の市販薬「命の母A」効果・成分を徹底解説!副作用はある? 

「命の母」は、13種類の生薬11種類のビタミンが配合されている、更年期症状改善のためのお薬です。「サプリメント」と勘違いされている方もいらっしゃいますが、命の母は第二類医薬品に指定されている医薬品です。

こちらの記事では、
・命の母の効果
・命の母の成分
・命の母の効果を実感できない人がいる理由
・命の母のスペック(値段・用法容量)
についてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

更年期障害の市販薬「命の母」の効果

くみちゃん先生
命の母は、更年期障害が原因でおきる症状のほとんどに、効果があると認められています。

命の母の効果・効能(国から認められている)は、以下の通りです。

命の母の効果・効能
身体症状
のぼせ、肩こり、冷え性、肌荒れ、めまい、耳鳴り、動悸、貧血、にきび、便秘、おりもの、産前産後、下腹腰痛、血圧異常、頭痛、頭重
精神症状
ヒステリー

また、血の道症(更年期など女性ホルモンが変動しあらわれる身体・精神症状)全般に効果があると認められていますので、上記に書かれていない「気分が悪い」「ほてり」などの身体症状、「気分の落ち込み」「不安症」「イライラ」などの精神症状などにも効果があります。

 

更年期障害の市販薬「命の母」の成分

漢方医学「気血水」の概念

漢方薬は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」という概念があり、これらのバランスが乱れることで、さまざまな不調があらわれるとしています。更年期における不定愁訴も、「気・血・水」のバランスが乱れていると考えられるため、命の母には「気・血・水」を整える生薬が配合されています。

 

気のめぐりを整える生薬

「気」とは、人間のエネルギーや活力のことを指します。気のめぐりを整える生薬が入っていることで、更年期特有の「だるさ」や「疲れ」などを改善します。

生薬の名前
配合量
カノコソウ
207mg
ケイヒ
170mg
コウブシ
50mg
ニンジン
40mg

 

血のめぐりを整える生薬

「血」とは、血の流れのこと。血のながれが悪くなることによっておきる「頭痛」「貧血」「肩こり」「生理不順」などの症状を改善します。

生薬の名前
配合量
ダイオウ
175mg
センキュウ
100mg
コウカ
50mg
シャクヤク
300mg
トウキ
300mg
ハンゲ
75mg

 

水のめぐりを整える生薬

「水」とは、リンパ液・汗・尿などの体液のこと。

「体がだるい」「頭がぼーっとする」「下痢がひどい」「むくみ」などの症状は、これらの体液が滞っているためにおきるとされています。

生薬の名前
配合量
ソウジュツ
100mg
ブクリョウ
175mg
ゴシュユ
40mg

 

ビタミンなどの成分

命の母には、生薬だけでなく、ビタミン類も配合されています。特に、ビタミンB群は、更年期に感じやすい「疲れ」を回復するのに適しています。

ビタミンの種類 配合量
効果
ビタミンB1 5mg
神経や筋肉をサポート。肩こりや腰痛に効果がある。
ビタミンB2 1mg
皮膚や粘膜を健康に保つ。ニキビ・肌荒れなどを改善。
ビタミンB6 0.5mg
皮膚や粘膜を健康に保つ。ニキビ・肌荒れなどを改善。
ビタミンB12 0.001mg
末梢神経の働きを正常にする。
葉酸 0.5mg
血液を正常に保つ。貧血改善。
パントテン酸カルシウム 5mg
脂肪や糖質を代謝する。
タウリン 90mg
神経や筋肉をサポート。疲労回復に効果がある。
ビタミンE 5mg
血行を改善。肩こり、しびれ、冷え、のぼせの改善。
ビオチン 0.00mg
皮膚炎などを緩和する。
精製大豆レシチン 10mg
脂肪の代謝を高める。肝臓の機能を維持する。
リン酸水素カルシウム水和物 10mg
カルシウムを補給できる。

 

更年期障害の市販薬「命の母」の効果を実感できなかった理由

命の母ですが、全ての人が確実に効果を実感できる訳ではありません。服用された方の中にはまったく効果が感じられなかった人がいらっしゃるのも事実です。

体質(証)にあった処方になっていない

漢方薬とは、一人一人の体質(漢方の世界ではと呼びます)に合わせて、複数の生薬を混ぜ合わせるものです。「めまいに効くと書いてあるから〇〇という漢方薬を選ぶ」と、症状だけで漢方薬を選ぶのは、実は正しくありません。

実際、漢方の専門薬局に行くと、その人の体質(証)を調べるために、何百個ものチェックリストを使っているところもあります。

もちろん命の母も有効成分が入っていますので、効果を実感できる人もいらっしゃいます。ですが、全ての人の体質にぴったりと合う訳ではないので、効果を実感できない人もいます。(これは命の母だけでなく、どんなお薬でも同じことが言えますね。)

 

13種類の生薬がそれぞれ効果を現すかが不明

「命の母の効果」でも説明しましたが、命の母はさまざまな症状への効果が認められています。

これは、実際に「めまい」「肩こり」「生理不順」などに効果があると言うよりも、「効果があると言える(表示できる)」という方が正しいのです。というのも、法律で「〇〇という生薬が入っていれば、〇〇に効果があると表示しいていい」と決まっています。

しかし、生薬は、組み合わせによってはお互いの効果を高めあったり邪魔してしまうこともあります。

例としての生薬
例としての効果
生薬A
肩こりに効果がある
生薬B
イライラに効果がある
生薬C
貧血に効果がある

例えば、あるお薬に「生薬A~C」まで入っていたとします。それぞれ「肩こり」「イライラ」「貧血」に効果がある有効成分です。ですが、1つのお薬に生薬A・B・Cが入っていたからといって、実際に「肩こり・イライラ・貧血」のすべてに100%の効果をあらわすかどうかは分からない、ということです。

本来、生薬は「症状」ともとにして組み合わされるものではありません。生薬ごとの相性も見て組み合わされています。

また、漢方薬では約7~8種類の生薬を配合するものが多いにも関わらず、命の母には13種類の生薬が入っています。そのため、生薬ごとの相性が悪く、実際にすべての症状に対して100%の効果を発揮するかは疑問なのです。

 

医療用漢方薬よりも作用がゆるやか

「命の母」「ルビーナ」など薬局で購入できる一般用漢方薬は、病院で処方してもらえる医療用漢方薬よりも作用がゆるやかなため、効果が実感しにくい場合があります。

日本薬学会が出している薬学雑誌の中の「医療用漢方薬製剤の承認申請について(袴塚高志)」という記事においても、一般用漢方は、人に対する効果・効能がゆるやかであるとされています。

ですので、更年期症状が重い場合も、命の母では改善しないかもしれません。あまりに症状が重い場合は、婦人科や更年期外来への受診をおすすめします。

くみちゃん先生
「医薬品だから必ず効くだろう」というのは正しくありません。

 

更年期障害の市販薬「命の母」の副作用

くみちゃん先生
命の母は医薬品のため、副作用がおきることもあります。

実際に命の母を服用された方の口コミをSNSや掲示板で確認したところ、以下のような副作用が見られました。

・腹痛
・下痢
・便秘
・動悸
・吐き気
・頭痛

 

更年期障害の市販薬「命の母」まとめ

くみちゃん先生
更年期障害に悩んでおられる多くの女性の手に取られている、人気のお薬です。しかし、効果が実感できない可能性があることも覚えておいてくださいね。

命の母は、ドラッグストアで気軽に買える更年期障害改善薬です。CMを流していて知名度が高いこともあり、「命の母を買ってみようかな?」と考えている人も多いのではないでしょうか。

命の母には「効果がある」と実感できた人と、「あまり効果を感じられなかった」という人に分かれるのが現状です。

それをふまえて、購入するかどうかを検討してみてくださいね。

更年期障害の市販薬「命の母」価格・用法容量など

用法/容量
1日3回/1回4錠を食後に水またはお湯で噛まずに服用
粒数
1瓶84粒、252粒、420粒、840粒
価格(税込)/1日あたりの価格
84粒(756円)/1日108円

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です