婦人科(病院)での更年期障害の検査内容を徹底紹介【体験談付き】

「更年期障害かもしれないから、婦人科に行こうと思っているけどどんな検査をするんだろう?」と不安になっていらっしゃいませんか?特に久しぶりに婦人科に行かれる方は、なんとなく緊張や不安で「あまり行きたくないな・・・」と思っているかもしれません。

こちらの記事では、婦人科で行われる更年期障害の検査について詳しくご紹介しています。記事を読んで頂くと分かるのですが、更年期障害の検査はそこまで大層なものではありません。むしろ、「治療を初めて更年期症状がすごく楽になった。もっと早く病院を受診しておけばよかった!」という女性もとても多いんですよ。

この記事が、「自分が更年期障害かどうか病院で診てもらいたい」と思っている方のお役に立てれば幸いです。

 

スポンサーリンク

婦人科での更年期障害の検査内容

更年期に悩む主婦・山田さん
更年期障害の検査って、どのようなものなのでしょうか?どんなことをされるかとても不安です。
くみちゃん先生
婦人科での更年期障害の検査は、
・問診
・内診
・血液検査
・子宮頸がん検査
が主に行われます。

問診

くみちゃん先生
あなたの現在の症状や、体のことについて医師が把握するために、問診が行われます。

問診表に記載した内容に基づいて、問診が行われます。

問診で聞かれる内容は、だいたい以下の通りです。(病院によって異なりますので、必ず以下のことについて聞かれる訳ではありません。)

・現在の症状
・月経の有無
・月経周期
・月経量
・生理痛の有無
・今服用しているお薬の有無
・性向経験
・結婚、出産歴
・過去の病歴(大きな病気にかかったことがあるか)
・家族の病歴
・手術の有無
・アレルギーの有無
・飲酒、喫煙の有無と頻度

問診で必ず聞かれるのは、「現在どのような症状が、いつから、どれくらい出ているか」ということです。ここで、更年期障害によく見られる症状が出ていないかを医師が確認しますので、出ている症状について全て、できるだけ細かく書くようにしましょう。

また、更年期にはホルモン分泌量の低下に伴い「外陰部や膣のかゆみ、乾燥、萎縮」「性交痛」など、女性ならではの症状がでることもあります。ですが、問診表に書いたり、口にしにくいものですよね。

しかし、それらの症状は「更年期障害があるかどうか」の診断に役立つものです。更年期女性なら、誰しもなり得るもので、恥ずかしいことではありません。もしそのような症状があるときには、隠さずにお伝えするようにしてくださいね。

また、あなたの生理の状態についても、聞かれることがよくあります。これも、更年期で女性ホルモンが減っているかどうかの役に立つことです。「最近生理はいつきたか」「生理周期はどのようなものか」「生理の量はどれくらいか」など、ご自分の月経について把握しておくと、医師にも伝えやすいですよ。もし診察当日に忘れてしまいそうであれば、手帳などにメモをしておいて、持参するのもおすすめです。

 

内診

くみちゃん先生
更年期障害の検査では、多くの場合内診が行われます。苦手な方も多いですよね。。これは治療をするにあたり、婦人病にかかっていないかを確認する必要があるためです。

内診は、あなたに子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人病があるかどうかを確認するために必ず行われます。

というのも、更年期障害を治療するための「ホルモン補充治療」は、子宮筋腫や子宮内膜症がある場合受けられないことがあります。(病院によって受けられる場所と受けられない場所があります。病院の方針によって異なります。)

(*ホルモン補充治療については、「更年期障害のホルモン治療とは!効果・副作用・乳がんのリスクを徹底紹介」をご覧ください)

(*更年期の子宮筋腫については、「更年期と子宮筋腫の関係性について!症状や治療方法はどんなもの?」を参考にしてください)

女性が婦人科に行きたくない理由の一番が、この「内診」ではないでしょうか。私も内診が大嫌いで、毎回の検査が苦痛で仕方がありませんでした。私は「子宮後屈(しきゅうこうくつ)」と言って子宮が傾いているため、内診が痛くて痛くて仕方がなくて、毎回涙をぽろぽろと流していました。

あまりに内診が苦痛であったため、病院を変えることにすると、内診の痛みはかなり楽になりました。というのも、初めの病院は男性医師で、私の子宮の傾きを配慮せずに内診をしていたようなんです。二件目に受診した病院では女医さんだったのですが、「子宮が傾いているから痛かったよね。これからは大丈夫だから。」と言って、かなり気を遣って内診をしてくれたんです。

「内心は痛いし、怖いし、つらいもの。」という印象がある方、もしかしたら、病院(医師)を変えたら楽になるかもしれません。また、これから婦人科に行こうと思われている方は、知人・友人の口コミや地域での評判も参考に行ってみるといいでしょう。

 

子宮頸がん検査

くみちゃん先生
更年期障害の治療をするにあたり、子宮頸がんがないかどうかを検査します。

初診の場合、子宮頸がん検査が行われます。この検査も、ホルモン補充治療や今後の治療をするにあたって、問題がないかどうかを確認するためです。

内診が終わったあとに、足を開いたそのままの状態で、綿棒で細胞をとってもらいます。特に痛みはありません。

 

血液検査

くみちゃん先生
血液検査をして、あなたのホルモン分泌量や健康状態を確認します。

血液検査をして、ホルモン分泌量、貧血の有無、コレステロール量、中性脂肪の値、子宮筋腫の有無などを調べます。

更年期障害の診断でもっとも重要なのは、現在のあなたのホルモン分泌量です。血液検査をして、「FSH(卵胞刺激ホルモン)」の数値がどれくらいであるかを測ります。「あれ?更年期障害って、エストロゲン(卵胞ホルモン)が減るからおきるんじゃないの?エストロゲンの値を調べなくてもいいの?」と疑問に思われましたでしょうか。

更年期障害は、エストロゲンが減少することによっておきることに間違いありません。しかし、エストロゲンの値を調べなくても、FSH(卵胞刺激ホルモン)の値を調べれば、エストロゲンがどれくらい分泌できているかを知ることができるのです。

また、「更年期障害と関係がないのに、なぜ動脈硬化について調べるの?」と思われた方もいるかもしれません。動脈硬化をおこしている場合、めまい・頭痛・体ののぼせ・体が疲れやすいといった、更年期障害に似た症状がでることがあります。

あなたに出ている症状が、更年期障害によるものなのか、それとも動脈硬化によるものなのかを把握するために、コレステロールや中性脂肪の値についても検査をされることになります。

 

診断

くみちゃん先生
全ての検査が終わったら、最後に診断がくだされます。あなたが更年期障害かどうか、治療はどうしていくかをお話しすることになります。

診断では、各検査の内容から「更年期障害かどうか」「どのような治療をするか」について医師からお話しをされます。病院によって、検査を受けたその日に再度診察室に呼ばれて診断をされるか、別の日に受診をして診断をされるか異なります。

更年期障害の治療は、主に「ホルモン補充治療」「漢方治療」「サプリメント治療」があげられます。

ホルモン補充治療については、「更年期障害のホルモン治療とは!効果・副作用・乳がんのリスクを徹底紹介」を参考にしてください。

漢方治療については、「更年期障害の症状を改善する漢方薬まとめ!メリット・副作用など」をご覧ください。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です