更年期障害による抜け毛の原因と今すぐできる6つの対処法!漢方薬も

「更年期に入ってから抜け毛が増えた」
「抜け毛が日に日に増えている気がする」とお悩みではありませんか?

更年期以降には、更年期特有の理由で、特に抜け毛が増えやすくなってしまいます。これ以上抜け毛を増やさないための6つの対処法もご紹介しています。

 

スポンサーリンク

更年期に抜け毛が増えやすい原因

更年期に悩む主婦・山田さん
なぜ更年期障害で抜け毛が増えてしまうのでしょうか?
くみちゃん先生
抜け毛が増える原因には、
①エストロゲン(女性ホルモン)の減少
②血行不良
③男性ホルモンが優位になる

ことがあげられます。それぞれ詳しく説明していきますね。

 

エストロゲン(女性ホルモン)の減少

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性の髪の毛の発達に大きく影響しています。

私たちの髪の毛は、「毛が生える」「毛が抜ける」というヘアサイクルを繰り返しています。

・成長期(毛母細胞が細胞分裂し、毛が伸びる)
・退行期(毛母細胞の分裂が衰える)
・休止期(毛母細胞の分裂が止まる、古い髪の毛は抜ける)
・脱毛(髪の毛が抜ける)

エストロゲンは、成長期に髪の毛が生えるのを促し成長期から退行期にうつるのを遅らせることができるのです。

年齢ごとのエストロゲンレベル比較データ

しかし更年期に入ると、卵巣機能が低下していくため、エストロゲンの分泌量は極端に減ってしまいます。ですので、エストロゲンが減る更年期には、抜け毛が増えやすいのです。

 

血行不良

血行不良になると頭皮に十分な栄養を送り込めなくなり、抜け毛が増えてしまいます。

私たちの髪の毛は、髪の毛のもととなっている毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、グングンと伸びていきます。この毛母細胞が細胞分裂を繰り返すためには、血液が届けてくれるたっぷりの栄養が必要です。

私たちがストレスを感じると、「活動の神経」と呼ばれている交感神経が刺激され、アドレナリンという物質が分泌されます。アドレナリンが分泌されると、血管が収縮し、血がスムースに流れにくくなります。

特に更年期は、環境の変化などでストレスを感じやすい時期です。家庭、家計、子育て、仕事、親の介護など、「自分ではストレスと感じていない」ことでも、長期的に悩みとして抱えることで、ストレスになっている可能性も大いにあります。

また、ストレスだけでなく、運動不足、食生活の乱れ、冷えやすい生活、飲酒、喫煙などでも血行不良をおこすことがあります。

そもそも、人間の体には重力がかかっているので、下半身よりも上半身(心臓より上)のほうが血がめぐりにくいもの。もともと血がめぐりにくいのに、血行不良をおこしてしまうと、さらに血流は悪くなってしまうのです。

このようなストレスなどによって血行不良をおこしていることが、あなたの薄毛の原因になっている可能性があります。

 

男性ホルモンが優位になる

男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」は、毛髪のもとである毛母細胞の働きを低下させ、脱毛を促進する働きがあります。

「男性ホルモンのことなら、私たち女性には関係ないんじゃないの?」と思いがちですが、女性の体の中でも男性ホルモンは分泌されています。

閉経を迎える前は、女性ホルモンがしっかりと分泌されているため、女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが取れた状態です。しかし、更年期をむかえて女性ホルモンの分泌量が極端に減ってしまうと、一時的に男性ホルモンが優位になることがあります。

更年期には、脱毛を促進させてしまう男性ホルモンが優位になるので、特に抜け毛が増えやすくなるのです。

 

更年期に抜け毛が増えるのを予防する方法

更年期に悩む主婦・山田さん
更年期の抜け毛は、どうすれば予防することができますか?
くみちゃん先生
抜け毛を予防するには、生活習慣・食生活などの改善が必要です。

 

大豆イソフラボンを摂取する

大豆イソフラボンはエストロゲンと似たような性質があるため、エストロゲン不足による抜け毛には効果的です。食べ物から積極的に摂るようにしましょう。

「大豆イソフラボンは何にどれくらい含まれているの?」
「一日どれくらい摂ればいいの?」
などについては、「大豆イソフラボンが更年期障害に与える効果とは!摂取量や副作用は?」の記事をご覧ください。

 

できるだけストレスを解消する

薄毛だけでなく、更年期障害のどんな症状も、ストレスをためない・解消することが重要です。なぜなら、「抜け毛の原因」でもお話ししましたが、ストレスは私たちが思っている以上に体と心に悪影響を与えるからです。

あなたには、ストレスに感じていることや、悩んでいること、気になっていることはありますか?それはどのようなことですか?どうすれば解消することができるでしょうか?おそらく、解決までにとても時間がかかるもの、どれだけ経っても状況が良くならないものもあるでしょう。

そこでおすすめしたいのが、「日記を付けること」です。「一瞬でYESを引き出す心理戦略 メンタリストDaiGo著」でも、ペンを持って文字を書く行為はストレス発散を促す効果があるとされています。

自分の感じたことや考えたことを、是非ノートにまとめてみてください。以外にも「気づき」が多くあり、ストレス解消に役立ってくれるものですよ。

もちろん、あなたが好きなことや楽しいと思えることも積極的にしてください。これまで頑張ってきたあなたの心や体を、どうぞたっぷりと労わってあげてください。そうしているうちに、抜け毛も減ってくれるはずです。

 

運動をする

ウォーキングやジョギングなどの軽い運動をすることで、血流を改善し、抜け毛を防ぐことができます。

抜け毛予防に効果的な歩き方
・少し大股で歩く
・かかとから落として、つま先で蹴るように歩く
・使い慣れたスニーカーで歩く
(引用:髪は増える!薬を使わずに健康な毛髪を取り戻す方法 山田佳弘著)

理想は、1日1回60分を毎日歩くこと。ですが、なかなかウォーキングを毎日続けるのは難しいので、初めは余裕があるときや気が向いたときから初めてみてくださいね。

また、歩く・走るなどの運動をすると、ふくらはぎの筋肉が鍛えられますよね。そうすると、ふくらはぎに備わっている筋ポンプ作用が強くなり、足にたまりがちな血を全身にめぐらせることができます。

歩く(走る)ことは、抜け毛予防だけでなく、加齢による体力の低下を予防したり、肥満・高血圧などの生活習慣病も予防することができます。体に良いことばかりなので、ぜひ時間があるときは積極的に歩くようにしてみてくださいね。

 

湯船につかる

シャワーだけでなくゆっくり湯船につかって体を温めることで、血流をよくして、抜け毛を予防することができます。また、リラックスをして副交感神経の働きを高めることで、髪の毛のもとである「毛母細胞」の働きを活性化することができます。

抜け毛予防に効果的なお風呂の入り方
38℃~41℃のややぬるめのお湯に入る(熱すぎると逆効果)
約20分程度湯船につかる
腹式呼吸をする(リラックス効果が高まる)
(引用:髪は増える!薬を使わずに健康な毛髪を取り戻す方法 山田佳弘著)

女性の中には「のぼせやすいからお風呂につかるのが好きではない」「少しはお風呂につかるけど、ほとんど烏の行水状態」という方も多くいらっしゃいます。そういった方は、初めから無理をして20分浸かる必要はありません。

初めは5分浸かってみて、大丈夫であれば10分、15分・・・のように、少しずつ時間を伸ばしてみてください。無理をして頑張ろうとすると、さらにお風呂につかるのが嫌になってしまいます。それはとてももったいないので、ご自分のペースで、楽しいバスタイムを送ってくださいね。

 

シャンプーを改善する

シャンプーの選び方や、シャンプーの仕方を改善することで、抜け毛を減らすことができます。

抜け毛予防に効果的なシャンプーの選び方・方法
・ホホバオイル+アルガンオイルを混ぜたものを頭皮につけて、頭皮を保護してからシャンプーをする
・シャンプーは1円玉1枚程度を十分に泡立てて、髪の毛のみを手ぐして梳くように洗う
・髪の毛は約20秒~30秒程度洗う
皮脂をとりすぎない(洗浄力が強すぎない)シャンプーを選ぶ
・石鹸シャンプーは使わない(頭皮に悪影響)
・髪の毛は必ずドライヤーで乾かす(自然乾燥は血流悪化の原因に)
(引用:髪は増える!薬を使わずに健康な毛髪を取り戻す方法 山田佳弘著)

 

首・肩・背中のマッサージをする

「頭皮マッサージは頭の血流をよくできるので、髪の毛にいい!」と聞いたことはありませんか?しかし、育毛相談WEBセラピストの山田佳弘さんは「頭皮マッサージは方法を間違えると逆効果になる」と指摘されています。

当サイトでは髪の毛にまつわる本や雑誌に目を通し、頭皮マッサージについてリサーチをしましたが、各本・雑誌によって紹介されていた内容は異なっていました。正直なところ、「どの方法が本当に正しいのか」が分かりませんし、「頭皮マッサージは抜け毛予防に効果があると言えるのか」と疑問すら持ちました。

そして「頭皮マッサージは絶対におすすめ!」と心から言えないことから、更年期障害による抜け毛予防でマッサージをすることは、積極的におすすめしないことにしています。(別のサイト様では紹介されているところもあります)

しかし、その代わりに、首・肩・背中まわりのマッサージをおすすめしています。

なぜなら、首~背中まわりのマッサージは、

・頭皮の緊張状態をほぐし、血流を改善できる
・頭皮マッサージのようにリスクがない
・首や肩などのコリも解消できる

からです。

「首や肩をマッサージすれば一瞬で抜け毛がなくなった!」となる訳ではありません。ですが、血のめぐりを改善できることは事実であり、少しかもしれませんが髪の毛にとって有益であることに間違いはありません。

ご自分でされてもいいですし、旦那様やお子さんに手伝ってもらうのもいいでしょう。肩こり解消にもなりますし、とてもリラックスできますよ。「最近マッサージできてないわ、してもらってないわ」という人は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

更年期障害による抜け毛におすすめの漢方薬

くみちゃん先生
あまりに抜け毛が気になる方には、漢方薬もおすすめです。

漢方薬は、直接的に抜け毛を減らすのではなく、血行不良やストレスなど抜け毛の原因を解消することで抜け毛を予防します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
血流改善、肩こり、めまい、腰痛など
十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
血流改善、疲労回復など
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
イライラ、気分の落ち込み、不安をおさえる
桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
些細なことが気になる、神経質、怒りっぽい、憂うつな気分をおさえる

薬局やインターネット通販などでも購入することができますが、体質によってはあまり効果を実感できないこともあります。漢方薬を選ぶときには、漢方専門医などにアドバイスをもらってから、服用を始めることをおすすめしています。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です