更年期障害へのプラセンタの効果とは!注射・サプリメントの違いは?

更年期障害へのプラセンタの効果とは!注射・サプリメントの違いは?
更年期に悩む主婦・山田さん
更年期症状にプラセンタがいい聞いたのですが、そもそもプラセンタってどんなものなんですか?
くみちゃん先生
プラセンタとは、胎盤のことです。ヒト、豚、馬の胎盤にはたくさんの栄養がつまっていると言われています。

さいきんよく耳にするようになった「プラセンタ」とは、ほ乳類がもっている胎盤のことをさします。哺乳類が赤ちゃんを育てるために子宮の内壁に作られる器官のことで、へその緒を通じて母体から赤ちゃんへと栄養や酸素を送ったり、不純物を母体へ送り返すなどの役目があります。

哺乳類は出産を終えたあと、子宮から出てきた自分の胎盤を食べます。これは、胎盤からする血の匂いを一刻も早く消して敵から身を守るのと、胎盤に含まれる豊富な栄養を得るためだとされています。

大昔、日本でも「胎盤食」と言って、出産後に自分の胎盤を食べる文化があったと言われています。また、人間の胎盤を乾燥させたものは「紫河車(しかしゃ)」と呼ばれ、生薬として漢方に配合されていることもあります。

 

スポンサーリンク

プラセンタを摂取する方法

更年期に悩む主婦・山田さん
プラセンタはどうすれば摂取できるのでしょうか?
くみちゃん先生
プラセンタは、①注射もしくは②サプリメントで摂取することができます。

まずは、プラセンタ注射について詳しく説明していきます。

プラセンタ注射

更年期に悩む主婦・山田さん
プラセンタ注射には、どのような効果があるのでしょうか?
くみちゃん先生
病院で使われているプラセンタ注射には、①メルスモン②ラエンネックの2種類あります。

メルスモン

メルスモンは、ヒトプラセンタ由来のプラセンタ製剤です。

効果・作用

メルスモン製薬株式会社によると、「更年期障害」と「乳汁分泌不全」への効果・効能があると認められています。

日本胎盤臨床医学会によると、以下のような作用があるとされています。

自律神経の調節
・基礎代謝の向上
・血行促進
・ホルモン分泌の調節
・血圧の調節
・免疫強化
・抗炎症
・活性酵素の除去
・細胞活性化

更年期に起きやすい症状(「ホットフラッシュ」「めまい」「疲れやすい」など)のほとんどは、女性ホルモンの分泌量が急激に低下することによる自律神経の乱れから起きるとされています。

メルスモンを初めとするプラセンタ注射には、自律神経を調節する作用があるため、更年期に感じやすい不調を改善する効果が期待できるのです。

また、「プラセンタに美容効果がある」と言われているのは、プラセンタに「活性酵素除去」「細胞活性化」「血行促進」などの作用があるからです。

老化の原因である活性酵素を除去することがきるのでアンチエイジング効果が期待できます。また、体内の古い細胞をどんどん新しい細胞に作り変えたり、血の巡りを改善することでくすみやお肌の老化を予防することができます。

 

安全性・副作用

現在までに、メルスモンを打った人に大きな副作用が起きたという発表はありません。

メルスモンを製造・発売しているメルスモン製薬株式会社の調査によると、メルスモンを打った98人のうち19人に副作用が見られたそうです。しかし、副作用の中でもっとも多かったものが「注射した部分が赤くなった」「注射した部分が痛くなった」など、プラセンタが直接的に関係していないことが分かっています。

また、厚生労働省はプラセンタ注射を一度でもした場合、献血してはいけないと発表していまます。理由は、「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」という疾患のリスクが100%ないと断言できないからです。

今までにメルスモンを注射してこの病気にかかったという人は一人もいませんが、「リスクがある」ことに変わりはありませんので、プラセンタ注射を打つときに説明を必ず受けることになっています。

プラセンタ注射をすると「献血」はできなくなりますが、「輸血」は可能です。「プラセンタを打つと、何らかのときに輸血してもらえなくなるの?」と不安に思われる方も多いのですが、血をもらうことに問題はありません。

 

頻度

メルスモン製薬株式会社によると、用法・容量は「通常、1日1回2mlを毎日または隔日に注射する」とされています。

どれくらいの頻度で注射を受けるかは、あなたの症状の程度や、一度受けてみてどれくらい効果を感じるかによって変わるかと思います。お医者さんと相談の上、決めてくださいね。

 

費用(値段)

更年期障害の治療として保険適用で受ける場合は、おおよそ1,000円程度で打つことができます。病院によっては初診料、診断料などがかかりますので、各病院の公式ホームページなどで確認するようにしてください。

美容や健康維持のために受ける場合は、自費で受けることになります。

 

ラエンネック

ラエンネックは、ヒトの胎盤から抽出したヒトプラセンタを用いたプラセンタ注射のことです。1974年に発売され、50年以上も利用されています。

効果・作用

「慢性肝疾患における肝機能の改善」への効果・効能があると認められています。具体的には、肝細胞の再生を促す・肝細胞の線維化を抑制する・脂肪肝を改善させるなどの効果があると報告されています。

また、以下のような作用があることも報告されています。

・皮膚細胞の活性化
・免疫強化
・活性酵素除去
・血行改善

老化を進める活性酵素を体外に排出し老化を予防する、シミシワたるみなどのエイジングサインを予防する、疲れにくくする、肩こりなどを改善する効果が期待できます。

 

安全性・副作用

ラエンネックを製造・販売している株式会社日本生物製剤によると、重大な副作用として、アナフィラキシーショックを起こすことがあると発表しています。また、肝機能障害という肝臓に異常がおきる病気になる可能性があることも分かっています。

また、株式会社日本生物製剤が行った臨床実験によると、ラエンネック注射を受けた273人のうち、10人に副作用が見られました。副作用の内容は、注射した部分が痛む、発疹や発熱が出る、男性が女性のような胸になる(女性型乳房)などが挙げらます。

また、メルスモンと同じく「変異型クロイツフェルト・ヤコブ病」にかかるリスクが否定できないことから、一度でもラエンネックを受けたことがある人は献血をすることができません。しかし、今までラエンネックを受けた人の中に、変異型クロイツフェルト・ヤコブ病にかかった人はいないことが分かっています。

 

プラセンタ注射を受けられる場所

婦人科や更年期外来で受けることができます。「プラセンタ注射 婦人科 地域名(新宿・横浜・梅田・名古屋)」などで検索すると、プラセンタ注射を打ってもらえる病院がでてきますので、探してみてください。

 

プラセンタサプリメント

更年期に悩む主婦・山田さん
プラセンタ注射についてよく分かりました。プラセンタサプリは注射とどのように違うのでしょうか?
くみちゃん先生
プラセンタサプリは、注射と違って豚や馬などの胎盤を使っていることと、注射よりも副作用のリスクが低いと言えます。

プラセンタサプリには、豚や馬などの胎盤が使用されています。なぜなら、ヒトの胎盤は医療用医薬品にしか使用が認められていないからです。

期待できる作用

日本胎盤臨床医学会によると、プラセンタには以下のような作用が期待できるとのことです。

・基礎代謝の向上
・細胞の活性化
・血行の促進
・自律神経の調節
・ホルモン分泌の調節
・疲労回復
・活性酵素の除去
・血行の促進

 

安全性・副作用

サプリメントはあくまで「食品」扱いで、「薬」ではありません。薬は確実な効果・効能が認められている代わりに、副作用が起きる可能性もあります。しかしサプリメントは自然に優しく体に作用し、大きな副作用が起きにくいのが特徴です。

 

海洋・植物プラセンタサプリの効果は?

最近では、「海洋プラセンタサプリ」「植物プラセンタサプリ」などのサプリメントが販売されていますが、効果があると考えられません。というのも、既にご存知のようにプラセンタとは「胎盤」のことです。海洋(=魚?)や植物には胎盤がありませんから、海洋・植物プラセンタサプリにはどのような成分が入っていて、どのような効果があるか分かりません。

「なんだか体に良さそう」「アンチエイジングにいいかも?」という気になってしまいがちですが、海洋・植物プラセンタサプリはおすすめできません。

 

閉経後にプラセンタサプリを飲んだら生理がきた?

「閉経していたけれど、プラセンタサプリを飲んだら生理が復活した!」という声を聞くことがあります。これは、プラセンタがもつホルモンバランスの調節効果が影響していると考えられます。しかし、必ずしも生理が戻る訳ではありませんので、「生理が戻ってほしいから」という目的でプラセンタサプリを飲むことはおすすめできません。

あくまでも、更年期症状の改善やアンチエイジング目的での服用をおすすめします。

 

プラセンタは自律神経失調症にも効果がある?

「プラセンタサプリを飲むと気持ちが落ち着いた!」という声を聞くことがあります。これは、プラセンタに「自律神経調節作用」があるためだと考えられます。更年期で「イライラしやすい」「気分が落ち込みやすい」などの気分の不調がある場合にも、プラセンタサプリメントはおすすめです。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です