更年期に生理痛がひどくなる原因と対策する方法!婦人病の可能性も?

「更年期に入ってから、なぜか生理痛がひどくなった」「40代後半で閉経が近いはずなのに、急に生理痛が重くなった」とお悩みではありませんか?更年期には、ホルモンバランスの乱れによって、急に生理痛がひどくなることがあります。あまりに生理痛がひどい場合には、婦人病の可能性もありますので、「そのうちよくなるか」と軽視しないようにしてくださいね。

こちらの記事では、
・生理痛がおきるメカニズム
・更年期に生理痛がおきる原因
・更年期の生理痛を改善する方法
についてご紹介しています。

 

スポンサーリンク

生理痛がおきるメカニズム

「そもそもなぜ生理のときに痛みがおきるのか」について、知っているようで詳しく知らない、という方もいらっしゃるかと思います。

私たちの体の中では、毎月妊娠のための準備として、子宮内膜をふかふかの状態にしておきます。しかし、妊娠しなければ子宮内膜は必要ありませんので、生理として体の外に排出されます。

生理として体から排出されるときに、子宮では「プロスタグランジン」という物質を分泌します。プロスタグランジンには子宮を収縮させる働きがあるため、痛みが発生するのです。

 

更年期に生理痛がひどくなる原因

ホルモンバランスの乱れ

更年期はホルモンバランスの乱れから、生理痛がおきたり、ひどくなることがあります。更年期の生理痛の多くは、そのほとんどが女性ホルモンによるものだと考えてください。

更年期に入ると、今までは十分に分泌できていた「エストロゲン(女性ホルモン)」が、卵巣機能の低下によって分泌できなくなってしまいます。急激なエストロゲンの減少によって体内のホルモンバランスが崩れ、生理痛の原因になっているのです。

人によっては、「今までの人生で生理痛を経験したことがなかったのに、40代から生理痛がおきるようになった」という方や、「今まで少し生理痛があって耐えられるほどだったけど、閉経間近でかなりひどい生理痛がきた」という方がいらっしゃいます。

しかし、そのほとんどが一時的なもので、生理の度に何度も痛みがある訳ではないようです。

 

体の冷え

体が冷えていると、生理痛の原因である「プロスタグランジン」が骨盤内に溜まりやすくなり、生理痛がひどくなってしまいます。

 

婦人科系の病気

もし「あまりに生理痛がひどい」「薬を飲まないとお腹が痛すぎて耐えられない」という方は、婦人科系の病気が原因の可能性もあります。

考えられる病気は、以下の通りです。
・子宮内膜症
・子宮筋腫

特に子宮筋腫は、日本人女性の3人に1人がもっていると言われている病気です。子宮に筋腫があっても、全ての人に症状がでる訳ではありませんので、子宮筋腫があることに気づかぬまま生活している人が多いとされています。

子宮筋腫は「良性の筋腫」ですので、命を脅かすことはありません。しかし、筋腫が大きくなると生理痛や生理過多などの症状が悪化し、生活に支障をきたすこともあります。「堪えられないほどの生理痛がある」という方は、早めに婦人科を受診するようにしてくださいね。

更年期と子宮筋腫については、「更年期と子宮筋腫の関係性について!症状や治療方法はどんなもの?」をご覧ください。

 

更年期の生理痛を対策する方法

大豆イソフラボンを摂る

生理痛がひどいときには、大豆イソフラボンを摂ることで、生理痛を改善することができます。なぜなら、大豆イソフラボンにはエストロゲンと似たような働きをするため、ホルモンバランスを整えることができるからです。

大豆イソフラボンは、豆乳、お豆腐、お味噌、きなこなどに豊富に含まれていますので、手軽に摂取することができます。生理痛だけでなく、ホットフラッシュ、めまい、疲れやすいなどの更年期症状も改善してくれるうれしい栄養素です。

しかし、生理痛がつらいからと言って、大豆イソフラボンをたくさん摂ればいいという訳ではありません。大豆イソフラボンを過剰に摂取してしまうと逆効果になり、「気分が悪い」「体が思うように動かない」などの副作用がおきることもあります。

大豆イソフラボンについては、「大豆イソフラボンが更年期障害に与える効果とは!摂取量や副作用は?」を参考にしてくださいね。

 

体を温める

日々、体の冷えや寒気が気になっていませんか?生理痛が気になるときには、しっかりと体を温めるようにしてください。

「更年期障害で冷えが気になる原因と3つの改善法【お風呂・食べ物・足の運動】」の記事でもご説明していますが、更年期はどうしても体が冷えやすくなる時期です。

特に寒くなる秋~冬にかけては、薄着を控えて、しっかりと防寒するようにしましょう。また、更年期障害でホットフラッシュの症状がでている方は、冷たい飲み物や食べ物を口にしがちで体が冷えやすくなっていることも。夏の暑い時期や汗が気になるときも、キンキンに冷えた飲み物を飲むのはできるだけ控えるようにしてくださいね。

また、毎日湯船に浸かって体をぽかぽかと温めるのも効果的。血行も良くなりますので、肩こり、腰痛、関節痛なども改善効果が期待できますよ。

 

マグネシウムを摂る

マグネシウムには、子宮の収縮をやわらげる働きがあるため、生理痛を改善する効果が期待できます。

マグネシウムを多く含む食品
海藻類
ひじき、わかめ、こんぶ、あおさ、青のり
大豆類
ゆで大豆、納豆
魚介類
いわしの丸干し、桜えび、生かき、はまぐり、きんめだい、貝類
種実類
ごま、アーモンド、松の実、ピーナッツ、カシューナッツ
その他
玄米、そば、油あげ、豆みそ、赤みそ、たくあん

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です