更年期障害が原因でおきる主な症状まとめ【あなたも更年期かも?】

更年期に悩む主婦・山田さん
更年期障害になるとどのような症状がでるのでしょうか?
くみちゃん先生
更年期障害では、主に
①身体の不調
②心の不調

があらわれます。どのような症状がおきやすいのか、詳しく説明していきますね。

更年期障害でおきやすい症状は、以下の通りです。

更年期女性に見られる症状

 

スポンサーリンク

身体の不調

肩こり

もともと女性は肩まわりの筋肉量が少なく肩こりになりやすいのですが、更年期になるとより症状が悪化しやすくなります。肩こりは、肩こりをおこしている原因を突き止めることで楽になりやすいのですが、どうしても原因が分かりづらく治りにくいものです。

厚生労働省の発表では、主に40代~50代の女性が最も肩こりになりやすいことが報告されています。「急に肩こりがひどくなった」「マッサージに行っているけど症状が改善されない」という場合は、加齢や更年期障害によって症状が悪化していることが考えられます。

更年期の肩こりについては「更年期障害で肩こりがひどくなる原因と6つの解消方法!おすすめの漢方薬も」をご覧ください。

 

疲れやすい

「疲れやすくなった」「疲れが取れにくくなった」というのも更年期症状の一つです。更年期に入ると女性ホルモンが減って自律神経が乱れるため、疲れを感じやすくなるのです。

また、加齢によって体力が落ちていることもあって、疲れやすさに拍車がかかってしまいます。

 

頭痛(めまい、耳鳴り)

更年期はストレスや悩み・不安などによって頭痛を引き起こす方が多くいらっしゃいます。

「更年期障害による頭痛の原因・症状・改善方法とは?薬やサプリは飲むべき?」

 

体がだるい、倦怠感

更年期には、「特に病気や風邪でもないのに体がだるい」ということが圧倒的に多くなります。これも、自律神経が乱れることが原因です。

 

冷え

女性はもともと冷えやすいものですが、更年期に入るとさらに冷えを感じやすくなります。というのも、女性ホルモンが減って自律神経が乱れることによって、体温調節機能がうまく働きにくくなるからです。

また、加齢による筋肉量の低下や、ホットフラッシュやほてりを感じて冷たいものを飲んだり食べたりしやすくなることで、冷えを感じやすくなることがあります。

慢性的な冷えは、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気の原因になるともいわれています。更年期に入り特に冷えやすくなっているのであれば、しっかり体を温めて、冷えないように対策をとってくださいね。

 

睡眠障害

更年期には「なかなか寝付けない」「夜中に何度も目が覚める」など、睡眠に関する症状もでやすくなります。これは、女性ホルモンが

「眠れない」「朝早く目が覚める」などの症状については、「更年期障害による不眠・眠れない原因と解消法とは【薬・生活習慣】」をご覧ください。

また、更年期には「眠気が止まらない」という症状もでやすくなります。これも、女性ホルモンが欠乏し、自律神経が乱れることが原因です。

「ついつい寝てしまう」という症状については、「更年期障害の症状で眠気がおきる原因と対策法まとめ【眠い・だるい】」を参考にしてください。

 

ホットフラッシュ、ほてり

更年期障害で特に多くの人にでて、症状の重さに悩まされるのがホットフラッシュです。ホットフラッシュとは、暑い訳でもないのに急に体がほてり、大量の汗がどっと出る症状のこと。場所や環境に関係なく汗が出て体がほてるので、職場や電車などで恥ずかしい思いをした、という女性が多くいらっしゃいます。

「冬なのに汗が出るようになった」「体がカーッとほてる感じがする」場合、更年期障害によってホットフラッシュをおこしている可能性があります。ホットフラッシュについては「更年期障害による汗・ホットフラッシュの原因と対処法まとめ」をご覧ください。

 

心の不調

イライラしやすくなる

更年期に入ると、今までは穏やかだった方でもイライラしやすくなることがあります。これも、女性ホルモンの減少が影響しています。

自分の感情をコントロールしにくくなり「何でこんなにイライラしてしまうんだろう」「何で八つ当たりしてしまうんだろう」と傷つき、さらにストレスを感じてイライラする・・・という悪循環もおこしやすいものです。

更年期に入りイライラしやすくなるのは、ホルモンのせいなので、あなたが悪い訳ではありません。

「更年期障害でイライラする原因と対処法!おすすめの漢方や食べ物も」を参考にしてください。

 

不安になる・気分が落ち込む・うつっぽくなる

更年期は、「更年期うつ」という症状の名前があるほど、気分が落ち込みやすくなります。自律神経が乱れることで、気持ちの面にも不調があらわれやすくなります。

また、自律神経が乱れてうつっぽくなる「更年期うつ」と、脳内にある物質が正しく働かなくなることで発症する「うつ病」は見分けがつきにくいものです。更年期うつの場合はホルモン治療や自律神経を整えることで改善しやすいのですが、一般的なうつの場合、投薬による治療をしないと完治しません。

また、うつ病は放置していると症状が悪化することがあり、酷くなると「死にたい」という自殺願望が生まれたり、実際に自殺未遂をする方もいます。

更年期に入り気分が落ち込みやすくなった方は、おそらく更年期うつの方が多いと思います。しかし、あまりに症状がひどかったり、抑うつ状態が長く続く場合は、病院での診察も検討してみてくださいね。

「更年期障害でうつになる?更年期うつ・うつ病の違いと治療法とは」

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です