更年期以降にかかりやすい!予防すべき5つの病気【エストロゲンが影響】

「更年期以降は、どんな病気にかかりやすいの?」「更年期はエストロゲンの影響を受けやすいって聞くけど、どんな風になるの?」と疑問に思われていませんか?

こちらの記事では、更年期以降にかかりやすい病気についてご説明しています。これらの病気の多くが、更年期に激減してしまうエストロゲンの影響を強く受けるために、発症しやすくなるものです。重大な病気を事前に予防・対策するためにも、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

更年期以降にかかりやすい&予防すべき病気

更年期に悩む主婦・山田さん
更年期からは、どんな病気にかかりやすくなりますか?
くみちゃん先生
更年期以降は、
①高血圧
②骨粗しょう症(骨折)
③糖尿病(肥満)
④婦人病(女性特有の病気)
⑤うつ病

にかかりやすくなるので、特に注意が必要です。

 

高血圧

女性はもともと血圧が低くなりやすく、「高血圧なんて私とは縁がないわ!」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。ですが、更年期以降(特に50代~)は女性も高血圧になりやすいので、注意が必要です。

なぜなら、更年期に入ると、高血圧を予防してくれる「エストロゲン」が急激に減少してしまうから。エストロゲンが減ることによって血圧にも影響を受けやすく、「今まで血圧が上がったことなんて一度もなかった」という女性も、血圧が高くなりやすくなるのです。

高血圧は、心臓病や脳梗塞などの命に係わる病気の原因になることもあります。また、高血圧は自覚症状がおきにくく、「気が付いたときには病気が進行していた」ということもあり得るのです。

血圧があがりやすい更年期以降は、生活習慣や食生活を見直し、しっかりと予防していくようにしましょう。

高血圧の詳しい原因や予防法については、「更年期障害で高血圧になる原因と予防・対策法【重症化に要注意!】」の記事をご覧ください。

 

骨粗しょう症(骨折)

更年期以降は、骨折や骨粗しょう症がおきやすくなります。

エストロゲンには、骨を強くする働きがあるため、エストロゲンが減ってしまう更年期以降には、骨がもろくなりやすいのです。特に女性は男性に比べて骨の量が少ないため、骨粗しょう症や骨折をおこしやすいもの。

特に多いのが、ちょっとしたことによる転倒で足や腰まわりの骨を折ってしまい、そのまま寝たきりになってしまうこと。更年期には、ホルモンバランスの乱れによって「めまいやふらつき」がおこりやすいため、転倒しないように注意することも大切です。

骨粗しょう症は、「日光に当たる」「カルシウムを摂る」など、日常生活で予防・対策をすることができます。強い骨を維持するためにも、骨粗しょう症対策をしっかり行うようにしてくださいね。

骨折(骨粗しょう症)の詳しい原因と予防法については、「更年期(閉経後)は骨粗しょう症になりやすい?予防・対策方法まとめ」を参考にしてくださいね。

 

糖尿病(肥満)

更年期以降は、肥満にも要注意です。「今まで細身だったから、更年期以降も大丈夫でしょ」と思われている方も要注意。更年期に入ってから激太りする方も多いんですよ。

というのも、エストロゲンには「糖の代謝を高める」という働きがあります。つまり、エストロゲンが十分に分泌されているときは、エストロゲンのおかげで激太りしにくくなっていたのです。

しかしエストロゲンが激減する更年期は、糖の代謝が悪くなり、血中の糖の濃度があがりやすくなります。そうなると、肥満につながったり、悪化をすると「糖尿病」を引き起こしてしまいます。

また、更年期には、ホルモンバランスの乱れが原因で、食欲が止まらなくなることもあります。「今までは小食だったのに、最近はなぜかよく食べるわ」という方は、おそらくホルモンバランスの影響だと考えられます。

肥満や糖尿病を防ぐために、日々の食生活を見直すようにしてください。また、軽い運動をすることで、肥満は防ぐことができます。

更年期に太ってしまう詳しい原因と予防法については、「更年期に太る原因とは?激太りしても漢方やサプリで痩せることは可能?」をご覧ください。

 

婦人病

更年期以降は、ホルモンバランスの乱れが原因で、婦人病にかかりやすくなります。

更年期以降にかかりやすい病気には、「子宮筋腫」「子宮体がん」「子宮頸がん」「膣炎」などがあげられます。特に注意したいのは「子宮頸がん」「子宮体がん」などの命の関わる病気です。

これらのがんは、女性ホルモンのバランスの乱れが原因で発症するため、更年期は特に発症率が高くなるのです。

子宮がん(子宮頸がん、子宮体がん)の症状として、ほとんどの人に不正出血が見られます。不正出血はホルモンバランスの乱れでもおきるため、必ずしも病気が隠れている訳ではありません。しかし、子宮がんの可能性も否定できませんので、不正出血が見られるときには、病院を受診するようにしてください。

更年期におきやすい不正出血については、「更年期(40代・50代)の不正出血の原因!重大な病気の可能性も?」をご覧ください。

また、おりものの量や色の変化でも、体調の変化を判断しやすくなります。「更年期のおりものの状態から考えられる炎症・病気一覧!量が多い・水っぽいのはなぜ?」にて、詳しくご説明しています。

 

うつ病(精神的な不調)

更年期には抗不安作用があるエストロゲンの分泌量が急激に減少するため、強い不安感・落ち込みなどの精神的な不調がおきやすくなります。

子どもの巣立ちによる孤独・孤立感、夫婦関係、金銭関係(家計など)、両親の介護など、更年期には環境の変化や気持ちの変化がおきやすい時期です。また、今までの人生を振り返って「私は何をしてこれたのだろう?」と考え、うつ病になるまで精神を病んでしまう人もいらっしゃいます。

「高血圧」「糖尿病」などと違って、直接的に、命の危険を脅かすことはありません。ですが、一度発症すると、今まで普通にできていたことができなくなったり、精神的にもつらい状態が続くため、生活の質が大きく下がってしまうことになります。

更年期以降は、誰しもが気分の不調をおこしやすくなります。積極的に趣味を楽しんだり、好きなことに取り組んだりして、ストレスを解消するようにしてくださいね。

更年期のうつについては、「更年期障害でうつになる?更年期うつ・うつ病の違いと治療法とは」をご覧ください。

また、更年期におきる不安感や気分の落ち込みは、「更年期障害で不安感や気分が落ち込む原因と3つの解消法!漢方薬・サプリは?」にて詳しくご説明しています。

 

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です